モヤモヤがスッキリすると思える絵本

モヤモヤがスッキリすると思える絵本

時々モヤモヤ思うことがあります。

その最初はよく分からない原因でモヤモヤしていることもあります。

原因はどこかにあって、きっと○○と分かっていてもどうモヤモヤしているのかがわからないのかもしれません。

この絵本は

とっても元気なジェニーな段々モヤモヤ思う様子が描かれています。

ジェニーはこの頃太り始めた気がするし

成績が悪くなったら?

誰かにコソコソ話をされている気がする。

そして、ある日起きるベッドの足元に大きなモヤモヤ袋がありました。

それはジェシーと一緒についてくるのです。

学校にも、水泳教室にも、トイレにも

しかも、そのモヤモヤ袋はどんどん大きくなるので

ママに相談したらきっと・・・やめた。

パパにも聞けない。

そこに来たのがお隣のおばあちゃんでした。

自分のモヤモヤが視覚化出来るということがこの絵本の好きなとことです。

この視覚化は日常生活でも実は出来るのです。

視覚化してモヤモヤが消えると生活が楽になりますよね。

モヤモヤがスッキリすると思える絵本

でっかいでっかいモヤモヤ袋

さく:ヴァージニア・アイアンサイド

え:フランク・ロジャース

やく:左近リベカ

出版社:草炎社

#でっかいでっかいモヤモヤ袋 #絵本 #絵本育児 #大人こそ絵本

#相談