感情が消える?

そんな事があるはずはない!

あるのです。

それがタイムラインセラピーです。

 

タイムラインセラピーは自分の人生をタイムラインという形に置き換えてセッションをします。

タイムラインの形は人それぞれです。そのタイムラインに浮上して現在・過去・未来へと移動します。

そして、セッションでは生きずらい元になった感情を確認にいきます。それはチャイルドの時代・或いはご先祖様の時代・或いは前世の時代かも知れません。

タイムラインセラピーは、『 望ましくない状態や行動や、行動に伴う感情』を素早く消去する事が可能なセラピーです。

人はあらゆる行動を取る時、否定的感情と肯定的感情を伴っています。

その相反する感情は必ずしも意識化できるとは限りません。

ある時は肯定的な感情が強かったり、また反対に否定的感情が強かったりします。

否定的感情が強いと、その事でトラウマ現象が起こってしまう事もあります。

タイムラインセラピーであなたの持っている不快な感情を消してみませんか?

感情が消える理由は3つ

1、リフレーム

2、幻想

3、ノン・ミラー・イメージ

ということだと言われています。

タイムライン上でイメージや感覚を変えることで、忘れたい記憶・感情のイメージを変化させることが可能です。変化させることで自己の心理状態が改善されます。

 

 

タイムラインに乗ってふら~りふら~り旅しながら感情を探しをしてみませんか?

このセッションを受けて頂いた方は感情が消えることにびっくりされます。

自己を開放して本当の自分の生き方を探してみませんか?

  1. 簡単に行動を変えて望ましい結果を手に入れる方法

V A K を使うと行動は変わる

 

自己の望ましくない行動を、本当はこうしたいと思っている望ましい行動に変えてみませんか?

そんなときの改善法としてNLPが役にたちます。

自分が変わりたいのに、つい同じ行動をしてしまう。ということはないですか?

先日、本を読もうと購入したものの読まないという方に出会いました。

確かに!

他人事ではない。と思いました。

帰宅後本棚をみると、最近購入した本が5冊並んでいます。

そこで、リラックスして無意識に聞いてみると、これは読みたい本であることを再認識しました。

では、読もう‼と手にしましたが、本と同時に携帯電話も持っていてメールのチェックをしている自己に気がつきました。

携帯電話が私の生活の隅々まで侵入していて、生活そのものに携帯電話を使うことがパターン化されていることに改めて気がつきました。

そこで望ましい結果を得るためにNLP手法を実践することにしました。

結果数分後には本を手に持ち、二日続けて熱中して5冊を読んでしまいました。

 

パターン化している自己を変えるのは簡単

学習

NPLではストラテジーという表現をします。

行動を起こすときは五感を使っているのです。

例へばショッピングに行きます。服を買うとします。さあどの様にお気に入りを見つけますか?

①ある人は色がきれいだから。

②またある人は、友達から「似合っている」と言ってもらったから。

③またある人は触った感じがよかったから。

です。

NLPではこの行動パターンをストラテジーと表現し以下のように分類しています。

①の色がきれいだからを視覚(V)といい内部視覚と外部視覚があります。

②の友達から「似合っている」と言ってもらったからは聴覚(A)といい外部聴覚と内部聴覚また内部対話があります。

③の触った感じがよかったからは体感覚(K)といい外部体感覚と内部体感覚があります。

では、望ましくない結果はどのようなパターンなのか? といいますと、多くの場合V A Kのいづれかを使ってないのです。

つまり、結果を出すためには自己のストラテジーを変えるといいのです。

私の場合

①本を読みたいと本を見る(V)で本棚の本を見るなので外部視覚を使っています。

②あ~今日はなんか気が向かないし面倒くさいな思っていたので(K)心の中で気が向かないとか面倒くさいと思っているので内部体感覚です。

③携帯電話を手にします。

つまりVとKだけを使っています。

そこで、望ましい結果を得るためにはV.A.Kすべてを使います。

私の場合

①本棚の本を見る(V)外部視覚

②この本はどの様な内容かな(A)内部対話

③読んでいる自分を想像する。読んだ達成感を感じる(K)内部体感覚

そうなんです。上記を意識して考えただけで望ましい結果である本を読みたいを達成したのです。

読んだ本は2冊は絵本で隙間時間ですので何分もかかりません。

NLPの教科書281ページ、ミルトン・エリクソンの催眠療法入門232ページこの2冊は初めての本ですが、内容は以前学んだ復習本です。脳内麻薬は169ページ半分くらいの読みかけでしたが最初から読みました。

一日中×2家の中で篭ってました( ^∀^)

NLPとは神経言語プログラミングといいます。

NLPとは1970年にリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーによって開発され、日本でも多くの分野で取り入れられています。

この技法は日常生活のあらゆる面で役に立ちます。

なりたい自己になるためのスタートです(^^♪

 

なんとなく男性を避けている。

男性を正面から見ていない。

大きな人が怖い。

大きな声の人が怖い。

自分の意見が言えない。

自分の意見を考えない。

人に流されている。

怯えながら、食べる為に働いていた。

仕事に生き甲斐を感じて。

それは真実なのだろうか?

間違いない❗間違いだ❗️

息苦しさを感じながら生きてきた。

 

ある日セッションを受ける事になった。

怖かった❗️

それは、保育園の時母親に怒られて兄弟で家を出ようとした時であった。

玄関で父親が大きな声で怒鳴っていた!

その声は母親より大きく、私の身体は一瞬動かない。

何が起こっているのかわからない。

兄が家の中に入ったのをみて私も入った。

そうだ! これが

男性が怖かった原点だった。

男性・大きな声・意見を言わない、考えない。

これが、あの日からの私だった。あの日から心を閉ざし無口の子どもを演じてきた。

大人になっても、怒られると、身体も思考も一瞬止まる。

そんな生き方を選んでいた事に気づいた。

セッションは続く。

その時の父親の思いを知った。

子どもを守る為に取った行動だったことを。

そこにあったのは愛

 

この世界での真実の感情は愛という事を後に知った。

全てのネガティブな感情は恐れから派生している。それは幻想なのだ。

という事を読んだ記憶が少し蘇ってくる。

男性恐怖症の真実がこんな形であらわになった。

後に上司との意外な場所で討論する機会があった。

セッションを受ける前ならば、討論にはならなかったはず。

それまでは、挨拶しても、答えが返ってくることはなかった。

しかし、討論の後は上司から挨拶が聞けるようになった。

セッションで人間関係が変わる体験談より。