たなからぼたもち

さく:くすのきしげのり

え:澤野秋文

のんびりやで怠け者のあまたろうは、ぼたもちやの息子です。

一向に働かないあまたろうに父親は「おまえ、 働かないでこの先どうやって暮らしていくつもりなんだい」

と聞くと

なんと、あまたろうは「ははは。おいらが働かなくても、とっつたんが働いてくれるじゃないか。とっつたん、どうか無理をしないで元気でいておくれ」というんです。

とっつぁんは情けなくなり世の中に棚からぼたもちってことはないと言いますが、

この棚からぼたもちの”ことわざ”にあまたろうが反応したことで、とっつたんは、あまたろうの人生を変える仕掛けをしたのです。

この仕掛けに心を動かされました。

そして思うのです。

人生を変えるえほんみらいの仕掛けに乗った私です。

絵本講師となって学びの中であまたろうと同じように大きく人生が変わっています。

人生を変える仕掛け人がいると思える絵本

 

伝えれば分かってくれると思える絵本

お友達とZOOMでお勉強会&息抜き&癒しの時間でペットの話にになりました。

どちらも方も犬で

お一人は19年目でご自分の手の中で最後のお見送りをし悔いがないとのこと。

お一人は13年目でご健在だそうです。

お二人のお話をお伺いしながら我が家のダックス君の懐かしい思い出に浸っていました。

我が家に来て間もないころ、一斤の食パンの柔らかい中身だけ食べていたこと。

その時のまんまるのお腹・出血した事・ふらふら歩きした事・嘔吐した事・ヘルニアになった事・堤防から落下した事・そして何よりも短い足で飛び跳ねる元気な可愛い子だったなど走馬灯のごとく思いだしていました。

沢山の癒しに感謝しながら読んだこの一冊。

そうだね。そうだよね。と一人頷きながら何回も何回も読みました。

 

 

ずーつと ずっと だいすきだよ

えとぶん:ハンス・ウイルハム

やく:久山太一

出版社:評論社

エルフィーの事を話します。

エルフィーは、世界で一番素晴らしい犬です。

エルフィーとぼくは、一緒に大きくなった。

年月がたって、僕の背が伸びる一方で、愛するエルファーは太って動作も鈍くなった。

そしてある朝・・・

エルフィーと少年と家族の暖かい関係を感じることができました。

気持ちを伝えることって大切だなぁ~と改めて感じました。

伝えれば分かってくれると思える絵本

 

#大人こそ絵本 #絵本育児 #ペット #EQ絵本講師 #大人こそ絵本

それぞれの個性を大切に思える絵本

自己主張は大切ですが私は表現の仕方が下手です。

お互いに相手の個性や長所を認めながらコミュニケーション出来ると学びの多い人生になりそうです。

 

おおきいのはいいなあ

ちいさいのはいいなあ

とお互いに譲らないトンとポンのお話です。

おおきいトンとちいさいポン

さく:いわむら かずお

出版社:偕成社

 

解決出来ない問題はないと思える絵本

絵本投稿しようとしたら、携帯電話アプリからパソコンに写真の転送ができませんでした。

しかも、ワードに文章の保存も出来ません(´;ω;`)ウッ…

それどころか、プリンターも印刷できません。

ワードは最近よくある症状で”サインインしてください キャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため、変更内容をアップロードできません”と表示されます。

電気屋さんに行き問題解決したと思ったら、家ではやはり文章が保存されません。

色々やってみて1回ずつサインすると、文章の保存が可能であることが分かりました。

が、この状態ではパソコン操作が嫌になってしまいます。

そこで、もう一度電気屋さんにいくと症状は出ないというなんとも不思議な事がおこります。

でも、家では症状がでます(´;ω;`)ウッ…

写真の転送不可・文章の保存不可・プリンターの印刷不可。

困っているはずなのに”でもだいじょうぶ。”と思ってしまえるのです。

どうにかしなければ! 解決出来ない問題はないはず❣

そこで、プリンターと写真の転送はサポートセンターに電話して即解決しました。

文章が保存できない問題はパソコン教室へいき解決しました。

という訳で投稿できることになりました。

 

くよくよ悩まず行動できる自分に◎を送りながら、でもだいじょうぶなのです。

 

うさぎとねずみがピクニックに行こうと思ったら雨が降ってきました。

でもだいじょうぶ。

何故?

うさぎが傘をもっていたから。

と思ったら

ひぇ~

強い風がふいてきて傘とねずみが飛ばされちゃった。

でもだいじょうぶ。

次から次へと災難がおこります。

でもだいじょうぶ。

そして最後はほっこりなるお話です

 

でもだいじょうぶ

作・絵:ジェフ・マック

訳:石津ちひろ

人生にトラブルは必須です。その度に学びが増えていきます。

解決できないと思った時時読んで欲しい絵本

 

「やっと近づいたね💗」

今朝の夫の姉の言葉です。

無言でうなづくと「今まで弟があんなで(いえいえ素敵な夫です)あんたに気の毒やった。これからはよろしくお願いします。」と言ってくれました。

二人で少しウルウルしました。

姉は年と共に段々体力減退状態であることは感じていました。

同じように姉も体力減退は感じているようで、弱気になることもあり「もう長くない!」と嘆くことも。

そんな時はゆっくり側にいました。

そして、一杯嘆くと「頑張る!」と言ってくれます。

その言葉にいつも力強さを感じ嬉しくなっていました。

しかし、今年新年開けて間もなく、立位保持が困難となり入院しました。

入院時は自宅復帰が難しいとの説明でしたが、本来頑張り屋さんなのでリハビリを頑張ってくれて退院してくれました。

所が、退院2日目です。姉が自分が思っていたより動けない様子です。

流石に姉も観念したのでしょうか。

今まで、姉の家事等に私が手を出そうとすると遠慮して、しなくていいと言うので手も出せずにいました。

でも今回は、私が台所に立っても何も言わず好きにさせてくれます。

そして、用事等は言ってくれます。

本当に有難いと感謝しました。

介護は巡ります。

姉は母親を看ました。当時私はお姑さんと同居していましたが、仕事をしていたので姉に介護をまかせっきりでした。

そして、今回姉が全面的に私を受け入れてくれた事で介護をさせて頂くことができます。

他人の私に依頼するという事がどんなに姉の負担になっているのか!それでも受け入れてくれる姉の気持ちを思うとただただ頭が下がります。

 

あおいアヒル

さく:リリア

やく:前田まゆみ

出版社:主婦の友社

こんな介護の巡りを優しいタッチで表現してくれているのが、このあおいアヒルです。

アヒルがワニの赤ちゃんと出会い子育てが始まります。

同じ時間を共有し、子どもは成長していきます。

そして

アヒルとワニの親子はそれぞれ年を取ります。

今度はワニがアヒルを看ます。

感動の一冊です。

大人にとって絵本は鏡だと言われています。

今感じている私の心の投影を感じさせてくれる絵本です。

 

#あおいアヒル #リリア #前田まゆみ #主婦の友社

#介護 #鏡 #感動