男性恐怖の真実

 

なんとなく男性を避けている。

男性を正面から見ていない。

大きな人が怖い。

大きな声の人が怖い。

自分の意見が言えない。

自分の意見を考えない。

人に流されている。

怯えながら、食べる為に働いていた。

仕事に生き甲斐を感じて。

それは真実なのだろうか?

間違いない❗間違いだ❗️

息苦しさを感じながら生きてきた。

 

ある日セッションを受ける事になった。

怖かった❗️

それは、保育園の時母親に怒られて兄弟で家を出ようとした時であった。

玄関で父親が大きな声で怒鳴っていた!

その声は母親より大きく、私の身体は一瞬動かない。

何が起こっているのかわからない。

兄が家の中に入ったのをみて私も入った。

そうだ! これが

男性が怖かった原点だった。

男性・大きな声・意見を言わない、考えない。

これが、あの日からの私だった。あの日から心を閉ざし無口の子どもを演じてきた。

大人になっても、怒られると、身体も思考も一瞬止まる。

そんな生き方を選んでいた事に気づいた。

セッションは続く。

その時の父親の思いを知った。

子どもを守る為に取った行動だったことを。

そこにあったのは愛

 

この世界での真実の感情は愛という事を後に知った。

全てのネガティブな感情は恐れから派生している。それは幻想なのだ。

という事を読んだ記憶が少し蘇ってくる。

男性恐怖症の真実がこんな形であらわになった。

後に上司との意外な場所で討論する機会があった。

セッションを受ける前ならば、討論にはならなかったはず。

それまでは、挨拶しても、答えが返ってくることはなかった。

しかし、討論の後は上司から挨拶が聞けるようになった。

セッションで人間関係が変わる体験談より。